「すっぽん小町」と「すっぽん撫子」の違いは?気になる2つのポイント!


こんにちは、すっぽん小町研究家の和歌子です。



すっぽん撫子は、1袋2700円と比較的安価である上に、楽天やアマゾンで購入すると半額の1350円で手に入るメリットがありますね。



予算重視であれば、すっぽん撫子も選択肢の1つかと思いますが、『安かろう・悪かろう』では意味がありません。



結論から言うと、5年後・10年後もキレイな自分をキープしたいなら、コスパの面も含め、『すっぽん小町』を購入したほうが断然良いです。



単に、『安いからすっぽん撫子を購入しよう』と考えているなら、少し待って下さい。



これから、事実情報をもとに、『すっぽん小町』と『すっぽん撫子』の中身の実態をお伝えしますので、確認してみて下さい。



まず、『原材料名の記載内容』といった否定しようのない事実情報を比較する事で、アマゾンや楽天に投稿されているようなフワッとした内容の口コミでは見えてこなかった、中身の実態が見えてきます。



すっぽん小町とすっぽん撫子の成分比較


すっぽん小町の原材料名の筆頭は、すっぽん粉末となっています。



原材料名の並び順は、含有成分の多い順に並べるルールになっていることから、すっぽん小町は、すっぽん粉末が、原材料として最も使われている事が分かります。




そして、すっぽん小町では、築地市場でも高値で取引され料亭で使われることも多い、佐賀の「はがくれすっぽん」という高級ブランドのすっぽんを使用し、抗生剤などを一切与えず、その分手間と時間をかけて大切に育てられたものを使っています。



一方、すっぽん撫子の原材料の筆頭は、『サフラワー油』となっています。



本来、一番含まれるべき、すっぽん粉末が二の次になってしまっています。




使用しているすっぽんについても、ブランドなどの情報が見当たらず、品質レベルは不明です。



そして重要なのが、すっぽん撫子はドラッグストアで展開している、つまり、原価の中にストア人件費や在庫費が含まれている上に、そこからさらに、半額で販売しているという事。



会社として利益を出していくために、すっぽん撫子の原価を、圧倒的に安く設定せざるをえない状況を容易に想像できるわけで、筆頭原材料が『サフラワー油』である事に、合点がいく訳です。



すっぽん小町を諦めて、すっぽん撫子に変えた方もいらっしゃいますが、楽天やアマゾンの口コミから、『すっぽん小町は値段が高くて続かない』という理由が多いです。



おそらく、そのほとんどは、成分比較などはせずに、単に価格が安いから、という理由だけでブランドチェンジしているように思います。



しかし、すっぽん小町は、定期購入すれば、1袋(1か月分)が3024円の8割(20%引き)で購入でき、1日あたり78円の計算なんです。



(3024円×80%÷31日≒78円)



1日78円が、高いか安いかは、人それぞれですが、アルバイトの高校生であったとしても、1日78円でしたら、何とかやりくりして捻出できる金額なのではないでしょうか?



35歳以降、コラーゲンが激減し、ほったらかしておくと、肌や髪、さらには、骨や関節が、急激に年老いていくことが分かっていますね。



これらを克服するためには、継続的にお手入れできるかどうかで、5年後、10年後に大きな差となって見た目に出てきます。



継続的にお手入れと言っても、いきなり数十万円を使ってエステへ、とは言いません。



一番のオススメは、『毎日コツコツお手入れ』すること。



例えば、食事と同じ感覚で、日々の生活の中に簡単に取り入れられる、製品力の高いすっぽんサプリを飲んでみる事です。



1日78円の自己投資もできないようであれば、正直、何をやっても急激なオバサン化を食い止めるのは難しいです。




30日間の返品保証もついていますので、まずは、試してみてはいかがでしょうか。







すっぽん小町とすっぽん撫子の品質の違いをさらに詳しく!


気になる2つのポイント その2 気になる中身のクオリティは?


すっぽん小町の品質は?




すっぽん小町の原材料に使われているのは、佐賀の「はがくれすっぽん」という高級ブランドのすっぽん。



築地市場でも高値で取引され料亭で使われることも多いこのすっぽん、抗生剤などを一切与えず、その分手間と時間をかけて大切に育てられています。



添加物などに敏感な方でもこれなら安心です。



すっぽん小町では実際の生産者の朝鵜さんを顔写真付きで紹介しているところが良心的ですよね。



すっぽん小町は、このはがくれすっぽんを粉末にすることで、どの部位も無駄にすることなく作られたサプリメント。



中でも、美肌には欠かせないコラーゲンの素となるアミノ酸の量は、なんと黒酢の91倍。



さらにビタミンやミネラル、DHA・EPAなど、美容と健康に役立つ栄養素をバランスよく含んでいるので、肌質改善ばかりでなく、代謝アップや疲労回復、生活習慣病予防など様々な効果が期待できます。



そのコラーゲンの素となる成分、セリン、シスチン、アルギニンなどの詳しい種類と解説もすっぽん小町では確認することができますね。


すっぽん小町は「食品」なので、服用=すっぽん料理を食べるようなもの。



つまり添加物等による副作用などの心配が要らない!



これはかなり、ありがたいですね。



すっぽん撫子の品質は?




すっぽん撫子についての情報でまず気になったのが、原材料の一番目、すっぽんより先に「サフラワー油」とあること。



サフラワー油、つまりベニ花オイルですね。



一昔前はTVCMでも話題になったオイルです。







すっぽん粉末よりも先に記載されているということは、このサフラワー油の方が量が多いということになります。



配合の理由までは私には分かりませんが、すっぽん小町だけでなく他のすっぽんサプリメントでもほとんどなかったケースなので、「なぜ?」という疑問は残ります。



そして肝心のすっぽんですが、こちらは「国産」と書かれているだけで、産地までは残念ながら判明しませんでした。



販売元のマルマンのサイトにも乗っていないので、公表していないのかもしれません。



素材の安心感という意味では、少し物足りない気もしてしまいますね。







すっぽん小町とすっぽん撫子の入手方法をさらに詳しく!


気になる2つのポイント その1 どうやって入手できる?


すっぽん小町の入手方法と価格は?




すっぽん小町を買ってみよう、という場合。



ネット通販大手の楽天やAmazonでも購入することはできますが、もし長く飲み続ける予定があるなら、すっぽん小町公式サイトで定期購入を申し込み、15%OFFで入手するのが一番お得でオススメです。



teikiko-su
画像引用:すっぽん小町公式サイト



買うのは一度だけ!という場合に限っては、Amazonや楽天で定価の3,024円より安い価格で出品されていますが、それでも公式サイトで定期購入した時の15%OFFを超える割引率ではありません。



定期購入だと1日あたりの金額は約83円で、数あるすっぽんサプリの中でも一番のコスパのよさ!



「美肌と健康のための投資と考えれば高くない」とも言えますし、一方で「毎日積み重なると安くはない」とも考えられます。



私も実際はじめは「高いかな?」とも思いましたが、飲んでみたらその効果に迷いも吹き飛びました!



「効く!」と分かると1日83円も全然気にならない、むしろお買い得に感じる私も単純といえば単純ですが(笑)、『体感して納得する』というのは本当に強いですね。



効果を実感した今では、夫や両親などと一緒にはじめてもお財布に優しい金額だと感じています。




すっぽん小町にリピーターが多い理由も、ここにありそうです。



すっぽん撫子の入手方法と価格は?




すっぽん撫子は、ドラッグストアでも買えるすっぽんサプリメントとして話題です。



購入者による口コミ情報を見ても、「ドラッグストアのサプリコーナーで見かけて」というお話がいくつかありました。



もちろんネット通販でも購入可能で、楽天の他、ケンコーコムなど健康関連のウェブストアでもよく売られています。



販売元のマルマンの通販サイト「マルマンオンラインストア」でも当然購入は可能なのですが、イチオシ商品ではないのか非常に見つけにくいコーナーにあったのが残念な点です。



ちなみに料金は、マルマンオンラインストアで60粒入り1袋、2,035円。



定期お届けなら1,830円とかなりお得。



この料金は、すっぽん小町の価格に購入をためらっていた方にとっては嬉しいお求めやすさですよね。



とはいえ、冒頭でお話したとおり、製品力に圧倒的な差があるのは、原材料名の比較や、販売にかかる費用をみれば、簡単に想像がつきますね。



1日たった78円をすっぽん小町に投資して、一生に一度の人生、5年後・10年後の、キレイな自分を手に入れるための活動を、今から始めてみてはいかがでしょうか?




 すっぽん小町の口コミを見てみる

 すっぽんサプリの人気ランキングを見てみる